結婚式の招待状 返信

結婚式の招待状には、出欠の回答をするための返信用ハガキが同封されています。
新郎や新婦が、親しい間柄の場合、電話やメール、または直接の会話で、結婚式の出欠の返事をしている場合もあります。
結婚式の出欠の集計を、新郎・新婦が行わないこともあるので、結婚式の招待状をもらったなら、必ずなるべく早めに出欠の返信をすることがマナーです。

結婚式の招待状の返信ハガキの書き方ですが、
宛て名の「行」を「様」に書き直します。この時二本線か斜線で消します。
裏面は、出席の場合は、御出席の「御」を二本線か斜線で消し、「出席」を丸で囲みます。
「出席」の下に、「ご結婚おめでとうございます」などひとこと記入しましょう。
「御欠席」、御住所の「御」と御芳名の「御芳」を二本線か斜線で消します。

欠席の場合、「御出席」御欠席の「御」を二本線か斜線で消し、「欠席」を丸で囲みます。
「欠席」の下に「ご結婚おめでとうございます」「当日はあいにくやむをえない用事がございますので」と書き入れます。
事故や、葬儀など不幸と重なった場合には上記のように理由ははっきり書きません。
そして、御住所の「御」と御芳名の「御芳」を二本線か斜線で消します。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。